橋下徹は逃げる戦いをする男!嫁や子供と喧嘩(戦争)を避ける方法まとめ

リスクマネジメント

こんにちは!sayaです!
今回は、、
橋下徹さん!
について書いてみようと思います!
なぜ橋本徹さんなのか、、と言いますと

橋下氏は「祖国防衛のために命を落とすということが一択になるのは、僕は違うと思うんですね。ウクライナの方々が一生懸命戦っていることには本当に敬意を表しますけども、本当にそれだけなのかと」と指摘。
引用:https://news.yahoo.co.jp/

祖国防衛のために一人の命を失うってバカみたいだ

「ロシアが瓦解するまで、ちょっと国外へ退避してもいいじゃないですか。祖国防衛、そこで命を落とすっていう、それしかない状況に皆なってしまうと、国外退避することが恥ずかしいことだ、やっちゃいけないことなんだ、売国奴だという批判をおそれてしまうような空気は、僕はおかしいと思う」と述べた
引用:https://news.yahoo.co.jp/

命を失うくらいなら、国を失ったっていい。
今最前線で戦っている人たちはすぐに逃げるべきだ。

そんな風に聞こえるのはsayaだけでしょうか?

橋下徹は逃げる戦いを薦めています。
それでは逃げる戦いとは何でしょうか?

家族間でいったら嫁や子供
旦那や兄弟姉妹と喧嘩(戦争)
を避ける方法は何なのかまとめてみました

スポンサーリンク

橋下徹は逃げる戦いをする男

「逃げる」と聞いていい響きには一見聞こえませんよね

しかし。「避ける」と言ったらまたニュアンスは変わります
橋本さんは、「言い合い」「もめ合い」「殴り合い」「殺し合い」

そんなことしなくても、平和は築ける、そう言いたいんだと思います。

相手の国が急に武力行使してきたとしても、

誰も戦わず逃げてくれ

sayaもそう言いたいです
なぜ戦わなくてはいけないのか?

みんなお母さんがお腹を痛めて生まれた子供で人間ですよ
プーチンの兵器ではありません。
攻撃されるのは罪のない人たち。
もっとも苦しむのは子供、高齢者、障がい者
令和の時代を経ても学ばない人間ってやっぱりまだいるんです

きっといつの時代にもいるのかもしれません

そこで、一番身近な自分たちがどうしていったら平和につながるのか
まずそこを考えてみようと思いました

スポンサーリンク

嫁や子供と喧嘩(戦争)を避ける方法まとめ

まず嫁や旦那と喧嘩(戦争)を避ける方法

・「おはよう」とあいさつをすること
・隣に座る
・スキンシップをする
・相手の好きな食べ物を用意
・手紙やメールで謝る「ごめんなさい」
・プレゼントで「ごめんなさい」
参考出典:https://woman.mynavi.jp
しかし、、
喧嘩ですまない場合もあります、、

DVに遭ったら、、

  1. 身体の危険を感じたら、
    警察に駆け込むか110番通報する。女性相談センター(配偶者暴力相談支援センター)や民間シェルターなどの一時保護機関につないでもらう。保護を望むなら 「一時保護してほしい」と頼むこと。
  2. 子どもと一緒に暮らしたいのなら、必ず子どもを一緒に連れてでること。
    子どもを置いてきた場合は、親権がとりにくい。
  3. 家を出たいが、所持金が少なく、生活や住居について不安なときは、市町村のDVセンターや福祉事務所に相談する。
    (逃げた先のDVセンターや福祉事務所でもOK)
    一人で無理なら、支援団体に相談して同行支援を頼んでみる。
  4. 費用が払えない場合、法テラスを通して法律扶助が利用できる。DVで夫が非常に怖い場合、調停から弁護士がついていると安心できる。
  5. 経済的に苦しくても、生活保護や母子生活支援施設等の社会的資源を活用できる。一人で無理な場合、支援団体に同行支援を頼んでみる。単身女性には生活再建のための婦人保護施設もある。

加害者に見られないように、家に情報を残さないようにしましょう。
捨てるか持ち出すことをおすすめします。

  • スマホ
  • 友人や知り合い・勤務先など、あなたの連絡先が書いてあるアドレス帳や手帳、日記
  • DV相談関係の書類
  • 固定電話の通話記録や発着信履歴(消去する)

その他持ち出した方が良いものなど、詳しく知りたい方は面談相談をご利用ください。(申込み:078−731−0324

そして、、戦争ってDVとかじゃなくて人を殺し合うという事です
プーチンは子供も平気で殺し、苦しめ続ける凶悪な犯罪者です

スポンサーリンク

戦争とは

戦争(せんそう)とは、兵力による国家間の闘争である
出典:wikipediaから

兵力による国家間の戦争、、

兵力は人間です、国家は人間によって作られています
要は殺し合いです。
企てる人は犯罪者です。

老人が赤子を殺しているようなものだと思います

絶対に死なないために、、戦ってはいけない
sayaはそう思います。

逃げることは恥ずかしいことじゃなくて、生きることだと思います
国から一刻も早く逃亡してくださいって、、
sayaも橋下徹さん同様に思います

スポンサーリンク

平和とは

戦争や暴力で社会が乱れていない状態のこと。
戦争は人類と同じくらい古いように見えるが、平和は現代の発明である
出典:wikipediaから
平和は現代の発明、、

とありますが
果して発明されたんでしょうか、、
sayaは、
自分の心を平和にすることが
世界平和につながる
と考えています。驚いたことに、平和に関して考える
まとめサイトというものが、、そこまで身近にありませんでした。
なので、、
sayaなりに考えてみました。

平和を乱す考え方
・思い込みで人を恨む
・イライラして人に当たる
・人のせいにする
・原因が自分にあると気づかない
・原因は自分にないのに攻撃されたら、
逃げることをまず一番に考える教育をうける

と、sayaは考えてみましたが

筋肉ムキムキになる事も一つの手かもしれません、、しかし、それができないのであれば、、

相談する心を持つ事です!!

そして、勇気を出して行動する事

これに限ると思います。。
そして、グローバルな視点に戻ると
時代の最先端はこれです
SDGSです!!
https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/about/

  1. ■ 貧困をなくそう (英: No Poverty)
    • 「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」
  2. ■ 飢餓をゼロに (英: Zero Hunger)
    • 「飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」
  3. ■ すべての人に健康と福祉を (英: Good Health and Well-Being)
    • 「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」
  4. ■ 質の高い教育をみんなに (英: Quality Education)
    • 「すべての人々へ包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」
  5. ■ ジェンダー平等を実現しよう (英: Gender Equality)
    • 「ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う」
  6. ■ 安全な水とトイレを世界中に (英: Clean Water and Sanitation)
    • 「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」
  7. ■ エネルギーをみんなに、そしてクリーンに (英: Affordable and Clean Energy)
    • 「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する」
  8.  働きがいも経済成長も (英: Decent Work and Economic Growth)
    • 「包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する」
  9. ■ 産業と技術革新の基盤をつくろう (英: Industry, Innovation and Infrastructure)
    • 「強靱なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及び技術革新の推進を図る」
  10.  人や国の不平等をなくそう (英: Reduced Inequalities)
    • 「各国内及び各国間の不平等を是正する」
  11.  住み続けられるまちづくりを (英: Sustainable Cities and Communities)
    • 「包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現する」
  12. ■ つくる責任 つかう責任 (英: Responsible Consumption and Production)
    • 「持続可能な生産消費形態を確保する」
  13. ■ 気候変動に具体的な対策を (英: Climate Action)
    • 「気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる」[注釈 1]
  14. ■ 海の豊かさを守ろう (英: Life Below Water)
    • 「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」
  15. ■ 陸の豊かさも守ろう (英: Life on Land)
    • 「陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する」
  16. ■ 平和と公正をすべての人に (英: Peace, Justice and Strong Institutions)
    • 「持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する」
  17. ■ パートナーシップで目標を達成しよう (英: Partnership)
    • 「持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」出典:wikipediaから

世界平和を実現するために

2030年までに17の目標を達成しようと

掲げられたものです。

それでは大きな目標を達成するために

自分が何をするべきなのか

ここに戻ります。

だから周りの人を大切にしていこう

という時代なのに、、

プーチンは時代と超逆行していて、、

自然破壊おろか

人間を殺し

動物を殺し

自身も破滅の道へと、突き進んでいます

生きるってどういう事でしょうか、、?

みんな誰かのために生きることは

一人の侵略者に奪われてはいけないと思います

だから、

一刻も早く逃げてほしいってsayaは思います。

橋下徹さんもそう思ってると思います

saya自身も喧嘩することがあります
でも、気持ちがイライラしたら、、

その場を立ち去ることにしています
一刻も早く

悪魔のような自分になることから
退散することにしています
平和を今一度考えて
自分ができることを考えていきたいものですね

スポンサーリンク

まとめ

今回は、、

橋下徹は逃げる戦いをする男!

嫁や子供と喧嘩(戦争)を避ける方法まとめ

戦争とは

平和とは

についてまとめてみました!
今回もsayaのトレンドニュースをご覧いただきありがとうございました

画像出典元:Twitterから

コメント

タイトルとURLをコピーしました