福原愛ちゃんがんばって!幼い頃からみてるよ

スポーツ

こんにちは!sayaです!今回は、福原愛ちゃんについて今のsayaの気持ちを
語っていきたいと思います!

タイトルにも書いたけど、愛ちゃんを応援するブログになります

sayaは一人の女性として、一人のお母さんとして、少なくとも、少しだけは福原愛ちゃんの気持ち、わかってあげられるところ、あると思うから、、頑張ってる福原愛ちゃんを応援したくてこのブログを書きます。

スポンサーリンク

福原愛ちゃんがんばって!

福原愛ちゃんのニュース、sayaが最初に聞いたときびっくりしたよね、、

でもさ、福原愛ちゃんって、、いつまでも幼い頃の福原愛ちゃんのままではないよね、、

誰だって、当たり前だけど、幼い頃、可愛らしいあどけない姿があって、、

幼いけれども、、泣きながら卓球頑張ってる福原愛ちゃん、sayaは驚いたよね。

泣いても泣いてもあきらめたくない、、お母さんと一緒に卓球をする福原愛ちゃんのドキュメントを見たときは、、自分に重ねられる何かを感じたの、、

それは、、これから、sayaが、幼い頃のsayaが、福原愛ちゃんを見てるかんじで、タイムスリップしたように書いていくね、、

幼い頃からみてるよ

福原愛ちゃん、可愛らしくお話しする福原愛ちゃん、本当に卓球ですごくてかっこいいのに、、本当に可愛い福原愛ちゃんを知っています!

sayaもね、よく家族で、雪山に行ったの。

1歳の頃から背負子(ショイコ)ってのに乗せられて、パパの背中で、雪山初体験をして、雪に足を取られてショイコでおんぶされたまま雪に突っ込んで転ばれたりね、、

小学生の時は、鼻水を地に垂らす勢いで、お腹まで雪に埋まりながら、足を雪に取られて、ラッセルしながら登る、雪山登りが辛くて辛くて、重いリュックを背負って、泣きながら、寒くて、、目の前に広がる一面、雪で真っ白な景色が、逆に奇妙に思えたりするの、、次第に、何故か怖くなったり、リュックで食い込む背中が痛くて苦しくて、寒くて、、えんえん泣いて登ったのを鮮明に思い出しちゃった。。

辛いんだけど負けたくない、ていうか、負けたら死ぬわ、自分が登らなかったら寒さで死ぬわって、、、

遥かかなた上にある山小舎を、何度も見上げては、、まだ着かない、、、たどり着かないって、、

そうしてるうちに、、だんだんと、、上を見上げるのが怖くなるの、、

上を見ると、、まだまだ先にゴールがあるからって、、がっかりしちゃうから。

スポンサーリンク

そうしているうちに、、雪が降り始めて、目の前は幻想的な景色に変わっていくの、、景色は綺麗なのに猛烈に身体はきつい、、降り注ぐ雪が体を冷やして、なんとなく息遣いのバランスを失って、、だんだんと呼吸は荒くなって、マイナス何度って気温なのに体は猛烈に暑いの。。気持ちが折れそうになる、、

でも、、長靴の中に入った雪が冷たくて冷たくて、、どんなに辛くても足を止めてしまったら、そこで終わり、、自分の足だけを見つめて歩いたの。。

そうしたら、、先を見てがっかりすることもないから、一歩一歩自分の足を見るようにしたの。。

一歩一歩、目の前の足だけを見ていたら、、もうゴールが間近に迫っていた、、

着いた!!!

あーー、着いた、、体が熱い、、長靴の中は濡れた足で感覚がもはやない、、体はびしょびしょのぐしゃぐしゃで、、床に寝転がり、ガスストーブで体を温める、、濡れた服を脱いで、すっきりとフリースとスウェットに着替えて、さっきまでの辛さは何だったのかというような感じになって、手作りで夕食の準備をする、、毎回お決まりの鍋を作る、、

山岳地帯の水を沸かして、熱湯じゃないかな?ってくらい熱いお湯でお風呂を作り、時に熱すぎると、湯船に雪を入れたりして調節する。

山の水はトロッとしていて、東京の水とは全然違う。。温泉ってわけではないと思うけど、きっと何か体を癒す成分があるんじゃないかなってぐらいとろりとしてる。。洗い場の足元は、一面ヒノキでとってもいいにおいがする。。

お風呂に入って、、登山前に、スキーをしてて、、まだ下手くそだから、、転びまくった全身打ち身&全身筋肉痛の体を癒す。。これは至福の幸せだったんだなって、、sayaは後から気づいたの。

幼い頃から、、泣きながらでも、何かを成し遂げるってことを体験してるsayaだから、、
きっと泣きながら頑張っていた福原愛ちゃんと、友達のような感覚になったんだと思う、、苦しくて、寒くて、辛くて、痛くても、、

頑張った後には、絶対に自分に返ってくるものがあるってことを、sayaは学んだの。

福原愛ちゃん、がんばって、お母さんになるって、子どもを産むって本当に大変なことだったと思う。子育てって寝れないし、思い通りにいかないし、旦那さんは本当に優しい人じゃないと夫婦って難しいと思う。

sayaも職場の男性陣にしょっちゅう話聞いてもらってるよ、みんなジェントルマンだし、時にはお酒でも飲みにみんなで行きたいなって思うくらい本当に優しいの。女性とか、男性とか関係なくて、みんな人間的に優しいの。

福原愛ちゃんが困ったときに助言してくれた人が男性だっただけ。

男性だけど男性じゃない人だって世の中たっくさんいるの。

自分を支えてくれた人が、男性か女性かなんてどうでもいいとsayaは思う。

生きていると本当にどうしようもなく辛い時ってあるの。闇の時代みたいな。。

その時に誰かが手を差し伸べてくれる。そんな人がいてくれたらきっと人間は生きていけると思う。

スポンサーリンク

結婚してるかしてないとかは関係ない、その時の辛い思いや苦しみは福原愛ちゃんにしかわからない。誰にも生活を壊す権利なんてない。

人間て思ったより弱い生き物だとsayaは思います。

みんなで人生登ってるから頑張れる、辛いけど、みんなで人生戦っているから頑張れる。

みんなに支えられて人間は生きているってsayaは思うの。

福原愛ちゃんもきっと毎日戦ってる。だからsayaも毎日を戦おうと思います。

まとめ

今回は、福原愛ちゃんがんばって!幼い頃から見てるよ!って応援したい気持ちをブログに込めました、、!誰も追い込みたくない、言葉には魂が込められているとsayaは思うから、福原愛ちゃんを応援する気持ちが、届くことを願っています。

今回もsayaのトレンドニュースをご覧いただき、ありがとうございました!


旦那さん、江宏傑(こうこうけつ)さんと二人のお子さん達
出典:福原愛ちゃんのインスタグラムから

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました