幼児(子供)のバス(車)置き去り事故を防ぐ方法まとめ!LiDASセンサーに期待

リスクマネジメント

こんにちは!sayaです

今回は、、

幼児(子供)のバス(車)置き去り事故について、、

書いていきたいと思います。

事件があったのは

2022年9月5日午後2:15分ごろ

静岡県、牧之原市静波の

認定こども園「川崎幼稚園」で、

「送迎バスに子どもが取り残されていて意識がない」と110番があった。

園児は同市静波の女児(3)で、搬送先の市内の病院で死亡が確認された。

バスの中に置き去りにされ、熱中症になったとみられる。牧之原署は業務上過失致死の疑いを視野に捜査を進める。

出典:https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1118643.html

今回、なぜこのテーマを選んだかと言いますと

「とてもショックな事故で

絶対にあってはならない事」

だと思ったからです。

sayaは、

1人の人間でしかありませんが

自分ができる事を考えた時

二度とこんな事故が世界中で起こらないように

考える事だと思いました。

子供がバスに乗って、ただいつもと変わらない日常を過ごすはずだったのに

親しんで乗っていたバスに取り残されて

亡くなってしまっただなんて。

本当にかわいそうな事故です。

しかし、

もしかしたら

世界中のどこかで

いつもと変わらない日常を過ごして

子供は

ただ車に乗っていただけなのに

車の中で、万が一

親に急性の病気か何かあって

誰もわからないような場所で

親も眠ってしまったとしたら、、

暑い車内の中で

取り残された子供も

亡くなってしまうかもしれません。

常に、第三者も知ることのできる

センサーがついていたら

第三者や他人も知ることのできる

防止策がついていたら、、

危険を誰かに知らせることができますよね。

そんな方法はないか

探してみることとしました。

今回は

「LiDAS」というセンサーに注目してみました

それでは、今回もよろしくお願いいたします

(画像、動画あり)

記事はPRの下に続きます

スポンサーリンク

幼児(子供)のバス(車)置き去り事故とは?

登園予定の3歳の女の子が
バスの中で置き去りにされてしまった事故です。

なぜそんなことが起きたのでしょうか?

バスの運転手がお休みを取っていて

臨時で園長(73歳)が運転したそうですか

「(運転に)不慣れだった。(千奈ちゃんのいる)後ろを見ずに、運転記録の作業をしてしまった。年齢的に、次のことをしたら忘れてしまう」 「(病院に行くという)次の用事があり焦っていた」

出典:

「私も人間」園長は他人事…バス置き去り女児「発見時の悲しき姿」(FRIDAY) - Yahoo!ニュース
「バスで幼稚園に行くのを楽しみにしていた。どうして、こんなことになってしまったのか……」

とあります。

もちろん、
園長が確認を怠ったことが
一番許せないのは事実ですが

一緒に添乗していた女性職員の方
(どうして確認を怠ってしまったのか?)

担任の方(欠席ならば保護者に確認を取るのでは?)
どうしてなんだろう??

というのが疑問に残りました。。

そもそもどうしてそういうことになってしまうのか、、

抜本的な問題は全く違うところにあるものだとは思います。

人手不足による職員の体力、疲労問題はなかったか?

そして、バスがペイントされてることに関してですが

それについても
園児が見えないようになっていたなど

問題が多くあり、、
問題点を単純に箇条書きにしても

すぐに20個ぐらい容易に出てきそうです。

普段働いている職員の方の表情は
疲れた顔をしていなかったのでしょうか?

リスクがどこにあるのか
職員が常に恐怖を感じていたならば、、

また、、判断ミスや注意が散漫になることがあっても
子どもをみんなで守れるような仕組みが

園に備わっていたならば

もしも、、
バスの駐車場自体
みんなが気がつく場所に駐車していたならば、、

みんなで子どもを
救うことが出来るかもしれません。

記事はPRの下に続きます

スポンサーリンク

幼児(子供)のバス(車)置き去り事故を防ぐ方法は?

単純なの方法かもしれませんが、バスの中に
「置き去り注意」「全員降りたかな?」

という感じで警戒心を湧き立てるように
天井に文字を並べたりするのはどうなんでしょうか?
子どもも常に興味をもって
「あれなに?」
「なんて書いてあるの?」
何て興味を持ってもらって

みんなで「誰だれちゃんが降りてないよ」とか

バス通園を始めた瞬間から
バスの中で皆で教えてはどうでしょうか?

キャラクターが全員降りたかな?
みたいに、楽しく話しかけている絵があってもいいですよね
窓の横の壁に書いてあってもいいですよね

『バスが到着したら先生の傍に行ってにすぐに降りよう』

みたいなことがバスの中に書いてあるといいですね。
寝てしまっている子がいたら

『先生、~ちゃん寝てるよ!』みたいに

見守ってる子どもが現れたりする可能性もあるし

先生に注意できるくらいにまで
幼い頃からみんなで教育してはどうでしょうか?

そして、足でクラクションを鳴らす方法
など、防災訓練の日に皆で練習してはどうでしょうか?
自治体で

『今日は防災訓練があるので、
危険時クラクションを鳴らす練習があるため
音が鳴ります』など、国全体で取り組むべきだと思います。

アメリカでは

エンジンキーをイグニッションから抜いた後
アラームが10分間鳴り続けるそうですね。

アラームを消すためにドライバーはバスの最後尾まで歩いて
アラームを解除しないといけないそうです。

その間に子供が残っていないかチェックできるとのことですが
人間が確認するので見えないように
床下に入り込んで寝ていたとしたら??

注意力を怠ったとしたらとても怖いです。

記事はPRの下に続きます

スポンサーリンク

LiDAS(ライダス)センサーとは?

三洋貿易株式会社から(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/12991/)

バス用の子供置き去り検知センサーとして

世界初の市場導入とのことです。

https://www.sanyo-trading.co.jp/business/sangyou/iee/lidas/

https://www.sanyo-trading.co.jp/business/sangyou/iee/lidas/

例えば、

こんなふうに寝てしまっていたら、、

見つけられない大人もいるとも限りません。

  • バス用の子ども置き去り検知システム
  • 乗員の動きを検知する乗用車向けレーダーセンサー
  • 既存の車両に後付け可能
    *専門架装業者による取付けが必要となります
  • 車内での乗員の置き去りを検知し、アラームを発します
  • 毛布の下にいる寝ている乳児の呼吸による微細な動きを
    検知できるほどの精度

2023年度中の日本導入を目指しているそうです。

全ての車にこのセンサーが搭載されたら

子供が万が一車内に取り残されても

例えば保育園なら

勤務している全ての保育士

または保護者に

携帯電話に

「車内に子供が取り残されている」

というメッセージが送られるシステムにしたら

絶対に誰かにメッセージが送られるシステムになっていたとしたら、、

子供が車内に取り残されて亡くなるなど

そんな事故は起こり得ない

そんな仕組みに

そもそもしてしまうのはどうでしょうか。

または、仲介業者も立ち上げて、

親族、または保育士以外に

専門の見守り業者をつけて

救急車を呼んだり

応急処置ができたり

病院に連れて行く仕組みなどを作るのは

どうでしょうか?

子供の事故に関しては

今後絶対に同じことが起きないように

社会で、国で守っていただきたいと

強く感じました。

記事はPRの下に続きます

スポンサーリンク

LiDASセンサーが全ての車に搭載義務化されたら?

もし、LiDASセンサーが

全ての車に搭載義務化されたとしたら

きっと、、

救えない可能性が高い、命が

助かる可能性が高い。

になります。

一刻も早く

こんなひどい事故が二度と起こらないように

社会で子供を見守り

助けていきたいと切に願います。

記事はPRの下に続きます

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、、

幼児(子供)のバス(車)置き去り事故とは?

幼児(子供)のバス(車)置き去り事故を防ぐ方法は?

LiDASセンサーとは?

LiDASセンサーが全ての車に搭載義務化されたら?

 

についてまとめてみました!

また、、
身近なリスクの把握事項をまとめてみました

様々なリスクの場所を把握しておくことは
とても大切な事だと思います。

・バスや車の中の熱中症

・園の周りの道路
(自転車や歩行者)

(交通量の少ない時間帯に散歩に行くなど)

・遊具の把握。
危険性が少しでもある遊具の把握
(遊具が熱くなりすぎてやけどをするなど)

・子ども同士の衝突。

・水分補給を忘れる

・夏場のビニールプールで溺れないか

・トイレの転倒、洗剤の誤飲

・ベランダやテラスは必ず施錠されているか?
子どもが間違って開けないか?

・公園に出向いたら、危険な植物、虫がいないか

・入眠中は部屋が暑すぎないか、乳幼児はうつ伏せになってないか

・ベットから転倒しないか

 今回も

Sayaのトレンドニュースをご覧いただき

ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました