森麻季(ソプラノ歌手)の子供はダウン症?インスタ画像とTwitterまとめ

芸能

高齢出産化が進んでいる昨今

同時にダウン症の子どもの出生も増えていくと考えられています。

しかし

2013年。

ダウン症の人やご家族にとって、衝撃的なニュースが駆け巡りました。

「新型出生前診断」の開始です。

妊娠10週以上の母体から20mLの血液を採取するだけで

胎児の染色体異常の有無

高精度に判別することが可能になったのです。

本来の目的は

早期に異常を発見し

生まれくる小さな命が生きる

“道すじ”を

くっきりと照らしてあげるためのものでした。

しかし、新聞やニュースでは

「検査でダウン症かどうかを判別できる」

という部分のみがクローズアップされ

結果

染色体異常が判明したご家族の

9割以上が

「中絶」を選択。

2年間で223人が中絶し

妊娠を継続した人は

わずか4人でした

 

ダウン症の子どもは、成長が とてもゆっくりです。

「歩く」や「言葉を話す」なども

1~2年以上

遅れてできるようになるケースがほとんど。

とはいえ、決して成長しないわけではなく

遅れてやってきた分

できるようになったときの喜びも倍増です。

言い換えれば

まわりの子どもと自分の子どもと

見比べることなく

自分の子どもの成長を

しっかりと、見つめることができます。

真っ直ぐな心の子どもと過ごすうちに、「自分自身が真人間になれた」。
そう語る親御さんも少なくありません。

ある親御さんは、このようにおっしゃいました。

 

「まわりの人が気を遣って

“自分たち親子なら育ててくれると思って、神様が授けてくれたんだよ

という話をされますが、全然違うように思うんです。

逆に、神様が、僕たち夫婦の

『弱い面を助ける』

ために、授けてくれたんじゃないかなって。

『ダウン症の子どもを育ててごらん? きっと、考え方が変わるよというメッセージ』だと受け止めています」

人間は誰しも

おぎゃ~という泣き声とともに

無限の可能性を背負った赤ちゃんとして、この世に生まれてきます。

けれども

親はいつしか

「この子は これには向いてない」

「あれは ちょっとできないだろう」

と、その特性を見極めているつもりが

子どもの可能性を、知らず知らず狭めていってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました